まだ名前がありません レビュー

オナホ初心者さんのための超マジメなサイト – オナホゼミ

初オナホ購入を考えているオナホール初心者さんのためのサイトです。オナホールの選び方や基礎知識、おすすめの初オナホなど、これを見れば失敗することなくオナホデビューを飾ることができます。

「まだ名前がありません」のレビュー

はじめてオナホを買おうと思うんだけど、

 

いろいろ種類がありすぎて迷っちゃうんだよね^^;

 

 

気持ちよくて、メンテナンスも簡単で、

 

初心者が失敗しないオナホってないの?

 

まだ名前がありません レビュー

 

 

わざとらしい刺激のないリアル系オナホだから初心者さんにも安心

 

「まだ名前がありません」は、極上のリアル系オナホールです。

 

わざとらしい作られた刺激がないので、
本物の膣にかなり近い挿入感といえます。

 

ほどよい弾力と、自然な肉厚でやさしく包まれる感触は
まさしく女性器そのもの。

 

これぞ、”人工ま〇こ” です。

 

まだ名前がありません リアル

 

初オナホでいきなりとんがった刺激系を選んでしまい、
うまく楽しめなかった…。

 

あるいは、

 

ゆるくて刺激のなさすぎるオナホを選んでしまい、
何も感じられなかった…。

 

「まだ名前がありません」なら、こんな失敗はありません。
極上の快感があなたを待っています。

 

まだ名前がありません 挿入感

 

赤黒いインナー素材はとても柔らかいため、
あなたのいきり立ったペニスを優しく包み込んでくれます。

 

愛液の代わりであるローションがなじんでくると、
その感触はリアルそのもの。

 

ねちょねちょグチュグチュの挿入感は、まさに有機的です。

 

 

おまけに、素材がボリューミーで肉厚なため、
ハンドホールにしては非常にリッチな挿入感を味わうことができます。

 

気持ちいいんだけど、空気抜きをするとペラペラになってしまう…。
そんな薄っぺらさを感じることはありません。

 

柔らかい肉壁がペニス全体をしっかり包み込んでくれるため、
優しい愛撫でジワジワと射精感を高められます。

 

じらされるようにゆっくり達した末の射精は非常に爆発的で、
あなたは一滴残らず、いつも以上に出してしまうでしょう。

 

そう、本物のセックスと同じように…。

 

まだ名前がありません 挿入感

 

 

洗いやすいからオナホに不慣れな初心者さんでも安心

作りがシンプルなため、メンテナンスはとても簡単なホールです。

 

挿入口が比較的大きめで、内部空間にもゆとりがあるので、
オナホに不慣れな初心者さんでも洗いやすいでしょう。

 

まだ名前がありません 挿入口

 

使用後の洗浄というのは、オナホに欠かせないメンテです。
これをおろそかにすると、最悪カビがはえるなどの危険性があるからです。

 

ただ、オナホ経験の少ない初心者さんですと、
「しっかり洗えてるんだろうか…?」
と神経質になりがちなんですね。

 

私のように、あらゆるオナホを何年も使っていれば、
「こんな感じで洗えば大丈夫」と肌感覚でわかるのですが、
初心者さんが心配してしまうのは自然なことです。

 

私もはじめはそうでしたから。

 

 

まだ名前がありませんの内部構造は、とてもシンプル。

 

うねうねと大きくカーブしているわけでもありませんし、
ひねりをくわえたスパイラルでもありません。

 

あるいは、挿入口の直径が数ミリしかないロリホールのように、
内部に水を行き渡らせるのが難しいなんてこともありません。

 

水道圧を利用し、指でこすり洗い。

 

とっても簡単ですから、
時間をかけずにサクッと洗うことができます。

 

私が紹介している洗い方なら、ホールを傷める心配もありません。

 

どこよりも詳しいオナホールの洗い方解説!これで初心者さんも安心です

 

また、洗浄が短時間で済むということは、
家族に怪しまれる心配も減るということです。

 

私もそうですが、実家暮らしには本当に助かるんですよね。

 

 

”餅は餅屋” 専門店だからこそのクオリティ

NLSオリジナル

 

 

「まだ名前がありません」は、
アダルトグッズ通販大手”NLS”のショップオリジナルホールです。

 

厳密には、オナホメーカー・トイズハートとのコラボレーションですが、
ホールの企画・開発の中心的役割を担ったのはNLS側となっています。

 

 

ショップ(販売店)というのはある意味、
メーカー以上にお客様の声を聞いています。

 

消費者が何かモノを買うときに直接かかわるのは販売店だからです。

 

ですからNLSは、

    • ユーザーがどんなものを欲しているのか?
    • どういったオナホが気持ちいいのか?

そのあたりのことをよくわかっているわけです。

 

痒いところに手が届くオナホを作れるのは、
専門店ならではの強みがあるわけですね。

 

ただ、同じ販売店でも
アマゾンなどの何でも扱う総合ショップだと、こうはいきません。

 

幅広い商品を扱うかわりに、
特定ジャンルへのきめ細やかなサービスは不可能だからです。

 

やっぱり、”餅は餅屋”なんですね。

 

当然、「まだ名前がありません」は
NLSでしか購入することはできません。

 

そのかわり、初心者さんでも失敗することなく
安心して手を出せるオナホールといえます。

 

 

まだ名前がありませんのデメリット

まだ名前がありません デメリット

 

さて、良いことばかりお話してきましたが、
このホールにだって欠点がまったくないわけではありません。

 

ここでは、私が実際に使って感じた
「まだ名前がありません」のデメリットを包み隠さずお伝えしましょう。

 

 

刺激が少なすぎる

本物の膣と同じように、
まだ名前がありませんには刺激という刺激がほとんどありません。

 

ですから、
「俺は初オナホでもゴリゴリ攻められるようなものが欲しい!」
というのなら購入は控えたほうがいいです。地雷確定でしょう。

 

反対に、リアルに近い感触をお求めならピッタリのオナホといえます。

 

 

表面がペタペタする

インナー素材と同様、透明のアウター素材も非常に柔らかいです。
そのため手で触ると、指が吸い付くくらいペタペタします。

 

プレイする際には大きな支障はありませんが、
ビニール袋で保管するとき表面が貼り付いてしまいます。

 

そのため袋へとスムーズに入らず、
急いで片付けたいときなんかはちょっとイライラしますね(汗)

 

ただ、オイルブリード(油分の染み出し)は非常に少ないです。

 

あくまで素材自体がペタペタするのであって、
油っぽいべたべた感はありません。

 

べたべたではなく、です。

 

 

こんな人におすすめ

    • 初オナホでとにかく失敗したくない


    • オナホのことがよくわからないので難しいのは嫌だ


    • リアルセックスに憧れている童貞さんで膣に慣れておきたい


    • 実家暮らしなのでオナホのメンテナンスは手短に済ませたい


    • エロいパッケージだと処分に困る
      (外箱は無地のダンボールでパケ絵は描かれていません)

 

 

 

「まだ名前がありません」なら、
初心者さんでも安心してオナホデビューを迎えられます。

nanashi-review07