フリップホール 挿入感

オナホ初心者さんのための超マジメなサイト – オナホゼミ

初オナホ購入を考えているオナホール初心者さんのためのサイトです。オナホールの選び方や基礎知識、おすすめの初オナホなど、これを見れば失敗することなくオナホデビューを飾ることができます。

フリップホールの挿入感~エロ度0%の見た目だけどイケるのか?

読了までの目安時間:約 4分

2つに開くフリップスタイルが斬新なTENGA「フリップホール」。肝心な挿入感はどうなのでしょうか?

 

ここではフリップホールを実際に使った私が、その気になる挿入感をレポートしてみました。

 

 

フリップホール 挿入感

 

 

コリコリとしたおもちゃ的な刺激は射精力十分!ちゃんとイケます

まず事前準備ですが、フリップスタイルという構造のため、ちょっとした組立てが必要になります。しかし、それほど難しいわけではありません。

 

くわしいやり方はこちらの記事を参考にしてください。

 

⇒■準備中■

 

 

さて、ローション注入も済んだところで、早速硬くなったペニスを挿入します。入り口の穴は直径1cm強ありますので、挿入はしやすいですね。亀頭をあてがえばスムーズに入ります。

 

フリップホール

 

締まりはややきつめですが、オナカップのような ”行き場のないきつさ” ではありません。挿入にあわせてボディーのゲル部分が盛り上がるように膨らむためです。閉じ込められた窮屈さはないですね。

 

ゆっくりとストロークしてみると、複雑でメカニカルな内部構造がペニスを刺激してきます。

 

フリップホール 内部構造

 

「クワトロウェーブ」や「サイドリブ」など、それぞれの刺激ポイントに名前が付いていますが、

 

これらがはっきりと手に取るように・・・わかりませんでした(汗)

 

指だとしっかり感知できるのですが、私の鈍感なペニスでは正直わかりませんでしたね。ディテールにこだわった作りなのですが、感触としては大味な突起刺激です。

 

フリップホール▲解説のため開いた状態で撮影しています。

 

ねっとりとペニスに絡みつく感じはまったくなく、コリコリと弾かれるような感じでリアルさはありません。これはこれで、面白くて気持ちいいですけどね。

 

 

面白いといえば、本体中央にある「フローティングパット」。

 

フリップホール フローティングパット

 

3つのボタンでバキュームを自由自在にコントロールできるという仕組みなんですが、男の子(笑)はこういうの好きですよね。

 

私もワクワクしながらボタンを押してみました。プシュッ!という音とともに中の空気が・・・抜けませんでした(汗)

 

いや、一瞬抜けて締まりが強くなるのですが、構造上ふたたび空気が侵入してきちゃうんですよ。たぶん入り口からかな^^;

 

ですから、あまり機能しているとは言い難いですね。空気抜きというよりも、3か所で加圧するという感じです。

 

まあ、一般的なオナホでも手で圧力をかけたりするので、これはこれでなかなか楽しい仕組みだと思います。使いこなせたら新しい発見がありそう♪

 

フリップホール

 

洗練されたデザインからは、エロい要素がみじんも感じられませんが、オナニーグッズとしての性能は申し分ありません。

 

リアルさはなく、刺激も大味。でも、コリコリとしたおもちゃ的な刺激は射精力が高く、しっかりと楽しむことができました。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント