オナホール 保管

オナホ初心者さんのための超マジメなサイト – オナホゼミ

初オナホ購入を考えているオナホール初心者さんのためのサイトです。オナホールの選び方や基礎知識、おすすめの初オナホなど、これを見れば失敗することなくオナホデビューを飾ることができます。

8年間一度もカビの発生なし!正しいオナホールの保管方法とは?

読了までの目安時間:約 7分

物理的に壊れないかぎりは、繰り返し何度も使えるのがオナホールの良いところ。けっして安いものではありませんし、せっかく迎え入れたオナホは使い倒したいですよね。

 

しかし!

 

正しい保管方法を守らないと、最悪一回で捨てるハメになってしまいます。

 

 

オナホール 保管

 

 

すべては保管前の洗浄と乾燥で決まる!

こちらの記事でお話したように、オナホールは一回こっきりの使い捨てではありません。

オナホールは使い捨てではない!カップホールとは別もの

 

ただ、それは正しいメンテナンスや保管をするからこそ。きちんと洗わず放置すれば、物理的に壊れる以前にカビがはえたりして泣く泣く処分、ということになります。

 

 

これからオナホの保管方法をお話しますが、まずは前段階としてきっちり行なってほしいことがあります。それは、オナホの洗浄&乾燥(水分の除去)です。

 

洗浄と乾燥がおろそかだと、以下の保管方法がまったく意味をなさなくなってしまいます。ですからまずは洗い方と乾燥についてしっかり理解しておいてくださいね。

 

 

オナホール保管のポイントは「オイルブリード」と「通気性」

まずは私の保管方法を画像でお見せしましょう。

 

オナホール 保管

 

 

「なんだよ、ただダンボールに放り込んでるだけじゃないか」

 

そうです。決してジュラルミンケースに入れてるわけではありません(笑)通販利用時のダンボール箱です。

 

が、この画像には様々な重要ポイントが隠されているんですよ。

 

 

まず一つ目のポイントですが、ホールを一個一個ビニール袋に入れています。これはオナホールの宿命であるオイルブリード対策ですね。

 

オナホールのオイルブリード

オナホの成分である油分が、時間の経過とともにじわじわと染み出す現象。

 

もし、ホールを裸の状態でダンボールに入れたら大変なことになります。吸収性の高いダンボールがホールの油分をどんどん吸ってしまうからです。

 

あっという間にダンボールが油まみれになりますし、なにより油分の漏出はオナホールの劣化を早めることにつながります。

 

また、ホール同士が直接触れ合うことで起こる融着(オナホとオナホがくっ付いてしまうこと)を防ぐ目的もあります。融着はお互いに油分を吸い取ろうとして起こる現象のことですが、こうなると二つとも処分ということになりますね(泣)

 

保管で気を付けることの一つはこのオイルブリードです。ホールの表面が他の物体に触れることがないよう注意しましょう。

 

 

二つ目のポイントですが、ビニール袋をよ~く見てください。口が開いたままになっていますよね?これは通気性を維持するためです。

 

オナホール 保管

 

オナホに限らずですが、動きがないと何でもよどんで状態が悪くなりますよね?水しかり、空気しかり。ビニールの口を縛らずに開けているのも、中の空気がよどまないようにするためです。

 

完全に空気を抜いて真空状態を作り出せればそのほうが良いのですが、機械でもなければ不可能でしょう。だったらはじめから開けておくほうがいいわけです。

 

ダンボールの蓋を閉じてしまえば意味ないのでは?と思われるかもしれませんが、今のところ年間通してカビがはえたことは一度もありません(オナホ歴約8年です)。

 

決して密封しないで通気性を確保する。これが保管で気を付けることの二つ目になります。

 

 

これは便利!オナホ専用の保管グッズ

おもちゃ袋

 

通気性を確保しつつ、周囲へのオイルブリードも防いでくれる素晴らしい専用グッズがあります。それが上の写真に写っている「おもちゃ袋」です。

 

おもちゃ袋はマスクやコーヒーフィルターでおなじみの不織布で作られた袋。クリーニングカバーにも使われていることからわかるように、通気性がとっても良く湿気を自然に排出してくれるためカビ防止に有効なんですね。

 

また周囲への油分の染み出しも防いでくれるスグレモノ。まさにオナホールにぴったりの保管袋といえます。

 

私の場合、お気に入りのよく使うオナホはおもちゃ袋、あまり出番のないオナホはビニールと使い分けて収納していますね。ビニールだとひっ付いて取り出しにくかったりしますが、おもちゃ袋だと摩擦が少なくてサッと取り出せるんです。

 

 

オナホール保管のまとめ

    • オイルブリードに気を付ける


    • 通気性を確保する

 

上記二つのポイントを守って保管すれば、破損やカビの発生を防ぐことができます。ただ、はじめにお話した通り、洗浄と乾燥(水分の除去)がしっかりできていることが前提ですけどね。

 

せっかく手にしたオナホです。末永く愛してあげてくださいね。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント